使徒たちの死から4世紀末まで

ヨーロッパ文明から読み解くエホバの証人

キリストの使徒たちの死から4世紀末まで

「原始キリスト信仰の復活」という無意味な主張

もう一つエホバの証人について指摘しておかねばならないのは、
「エホバの証人は1世紀当時の正しい信仰が復活した組織である」
とする主張の無意味さである。

というのは、現在ほとんどのキリスト教を称する宗教は原始キリスト教と同じ信仰であることを強調しているのだ。

その実際のところはさておき、
原始キリスト教と同じ信仰であることを主張することで、
自らの正統性を担保しようとしている点においてエホバの証人はなんら目新しい主張をしているわけではない。

また、この主張はエホバの証人にとっては矛盾も起こしてしまう。

前記事のとおり「1世紀のクリスチャン会衆」は一致しておらず、
全ての現代キリスト教は後になって正統であると定められたパウロ(とヨハネ)の教えの延長線上に位置していると言って良い。

つまり、数多くの書簡が存在した中で徐々に四福音書とパウロ書簡が有力なものとされていき、
西暦397年の第3回カルタゴ教会会議に至って初めて現在と同じ新約聖書のリストが完成するに至る。

エホバの証人的には4世紀のキリスト教などとっくに背教していたはずだ。

しかしこのカルタゴ会議で定められた新約聖書正典をそのまま「神の霊感を受けて選ばれた正典」として採用しているし、
外典の類に関しては全くなかったことにしている。

エホバの証人が1世紀の信仰の復活であると自称するなら、
1世紀当時と同じように並立する諸教会と対立することはあってもお互いキリスト者として認め合わなければならないし、

それができないのであれば自分たちが
「カトリック→プロテスタントから派生したユダヤ主義的要素を色濃く持つただの新宗教」
であることを認めなければならない

「キリスト教」誕生と欧州への伝播

さて、歴史に話を戻すと、
西暦60年代に指導的立場であったヤコブ、パウロ、ペテロが相次いで殉教を遂げる。

さらに第一次ユダヤ戦争(西暦66-70)終結後にエルサレム神殿が崩壊し、
これをきっかけとしてついに「キリスト教」が成立を見る。

ユダヤ教のパリサイ派とキリスト派が旧約聖書正典は何かを決定する過程において決定的な相違が生じ、
それは即ち信条の違いを浮き彫りにするものであった。

キリスト教ではこの時から七十人訳聖書(セプトゥアギンタ)を正典としており、
これは外典や偽典も含むものではあるが現在でもキリスト教の旧約聖書はこれが主要なベースとなっている。

新世界訳聖書においても「または、ギリシャ語セプトゥアギンタによれば」などといった形でその名が出てくるため、記憶にある方も多いだろう。

エルサレム神殿崩壊以降、ペテロが率いていたエルサレム教会の権威は失墜する。

代わって、おそらくは既にギリシャ語圏へ勢力を拡大していたアンティオキア教会系統のユダヤ人や異邦人によって宣教が継続され、
前記事で述べたとおりヨーロッパ方面へ宣教の足が伸びていった。

そこから4世紀ごろになって古代教会組織が成立するまでにどのような過程があったのかについては、よくわかっていない。

わかっているのは西暦301年にローマ帝国支配下のアルメニア王国が初めてキリスト教を国教としたこと、
そしてローマ帝国でもテオドシウス帝により西暦380年にキリスト教を国教と宣言し、
なおかつ西暦392年には異教崇拝を公式に禁止したことである。

しかしこの時期に相当な勢いをもってキリスト教がヨーロッパに広まっていったことは明らかだ。
その象徴的な事象が、クリスマスの発生である。

ものみの塔も説明しているとおり、キリストの誕生日は真冬ではありえないことは学者も認めている。

エホバの証人にとっては誕生は秋ごろであるとする説が有力だが、
一般的には春ごろであるとする説が有力だ。

これもはっきりしたことは何もわからないが、
3世紀の初め頃には、アレクサンドリアで活躍した神学者クレメンスは誕生日を5月20日と推測していた。

古代ローマでは太陽神ミトラスを崇拝するミトラ教という宗教があったが、
これを取り込んで冬至(太陽が生まれる日)をキリストの誕生日とし、
土着信仰を飲み込む形でキリスト教が広まった。

遅くとも西暦345年には12月25日の生誕祭が行われていたことがわかっている。
また、「サンタクロース」として知られる聖ニコラウスはちょうどこの頃の人物である。

ともあれ、4世紀末にローマ帝国の国教となったことでキリスト教の地位は揺るぎないものとなり始める

1世紀におけるクリスチャン会衆の現実1世紀の原始キリスト教・クリスチャン会衆の現実前のページ

キリスト教と政治との関係(1)~教義面から~次のページキリスト教と政治との関係(1)~教義面から~

関連記事

  1. 教皇の権威衰退と宗教改革の始まり

    ヨーロッパ文明から読み解くエホバの証人

    ローマ教皇の権威衰退と宗教改革の始まり

    カトリック教会の混乱、失敗した改革いよいよ、エホバの証人の…

  2. キリスト教と政治との関係(1)~教義面から~

    ヨーロッパ文明から読み解くエホバの証人

    キリスト教と政治との関係(1)~教義面から~

    当初は弱かったキリスト教の立場4世紀末にローマ帝国の国教と…

  3. プロテスタントの誕生

    ヨーロッパ文明から読み解くエホバの証人

    ルターの宗教改革とプロテスタントの誕生

    プロテスタントの誕生「中世におけるローマ・カトリック教会の…

  4. 中世におけるローマ・カトリック教会の堕落

    ヨーロッパ文明から読み解くエホバの証人

    中世におけるローマ・カトリック教会の堕落

    ローマ・カトリックの隆盛キリスト教会の東西分裂以後、宗…

  5. ヨーロッパにおけるキリスト教発展の歴史(2)

    ヨーロッパ文明から読み解くエホバの証人

    ヨーロッパにおけるキリスト教発展の歴史(2)

    ローマ・カトリックの日本伝来さて、ルターによる宗教改革と前…

  6. 一神教における神と人との関係性

    ヨーロッパ文明から読み解くエホバの証人

    一神教における神と人との関係性

    ※このカテゴリーはシリーズ記事になっています。目次をご覧ください。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Recently

  1. 中世におけるローマ・カトリック教会の堕落
  2. 「聖書」考察(1) どの聖書を読むべきか
  3. エジプトからカナンへ(3) モーセの十戒
  4. 1世紀におけるクリスチャン会衆の現実
  5. ものみの塔の刑事責任考察 概論と具体例

Pick Up

  1. 日本社会と「エホバの証人」問題
  2. エホバの証人が世の音楽で歌い踊る理由とは
  3. エホバの証人2世の作られ方 -哲学的ゾンビ-
  4. 1世紀の原始キリスト教・クリスチャン会衆の現実
  5. エホバの証人2世と1世 -行動原理の比較-
PAGE TOP