南ユダ王国によって編まれた歴史書

古代ユダヤから読み解くエホバの証人

古代イスラエル(4) 旧約聖書は南ユダ王国によって編まれた歴史書

旧約聖書は南ユダ王国側から書かれている

ヤハウェ(エホバ)にまつわる客観的事実については前記事で述べたとおりのことがわかっているが、
翻って旧約聖書に目を向けてみても、
決して南ユダ王国がヤハウェ信仰をしっかり守っていました、
というわけではないのは、エホバの証人経験者であればご存知だろう。

この頃のことを記録しているのは列王記と歴代誌である。

そもそも統一イスラエル王国からバビロン捕囚までの歴史はサムエル記・列王記としてまとめられているが、
これらは元々一つの書だったと考えられており、
正教会においてはサムエル第一・第二・列王第一・第二をそれぞれ列王記の第一~第四としている。

列王記においては南北それぞれの王について記録されているが、
そもそも列王記を書いたとされる預言者エレミヤは南ユダ王国の人間である。

しかも活動していた年代はバビロン捕囚の時期であり、
北イスラエル王国はとうに存在しない。

当然、内容も全体的に南寄りに偏っている。

それにも関わらず、記述では北イスラエル王国が一方的に堕落していたことにはなっておらず、
南ユダ王国も似たような感じだったとして描かれている。

そうであれば、南ユダ王国は実際には北イスラエル王国よりも堕落した状況であった可能性はかなり高いと言えるのではないだろうか。

レビ人の追放は宗教的浄化策か

それを伺わせる旧約聖書中の主要な記述として、「レビ人の追放」が挙げられる。

北イスラエル王国の初代の王であるヤラベアムは、
祭司職を担っていたレビ族を追放し、多くが南ユダ王国へと逃れた。

結果としてレビ族は南ユダ王国を構成する主要3部族の一つとなったのだが、
旧約聖書ではこれを律法に背いた行為として断罪している。

しかし、現代においても見られるように、
宗教の堕落というものは末端信者が堕落している場合というのは非常に少ないものだ。

宗教・信仰の堕落はまず支配層・指導者・権力者の堕落といった形で表れる。
ものみの塔も例外ではないことは、あなたもよくご存知のとおりである。

ということは、祭司職であったレビ人自身が堕落していたと考えるほうが道理にかなっている。
ヤラベアムはむしろ腐敗した祭司たちを国から追い出し、
正しい形のエローヒーム信仰を取り戻した良い王だった可能性もあるのだ。

そのようなレビ人を受け入れた南ユダ王国は、果たして正しいヤハウェ信仰を維持できたのだろうか。

北イスラエル王国国民は”サマリア人”に

また、歴代誌に関しては、サムエル記・列王記と内容が重複するが、
独自の資料も用いてイスラエルの歴史を再構成した書となっている。

しかしこちらは北イスラエル王国の歴史を完全に無視していることから、
より偏った視点で編まれた書であり、
史料的価値としてはサムエル記・列王記よりも劣るとされている。

北イスラエル王国は滅びたあと、
指導者階級は捕虜としてアッシリアに連行されたものの、
大半の民は現地に残るなどして周辺異民族との混血が進んでいった。

イスラエル人としてのアイデンティティは次第に失われていき、
南ユダ王国系のユダヤ人とは異なる民族「サマリア人」となって生き残り

後にイエス・キリストの喩え話に登場するように、
異教徒の代表のような位置付けとして描かれることとなった。

そのような「サマリア人」の姿しか見ていないエレミヤやエズラによって書かれたとされる
列王記・歴代誌がどれほど信頼に値するか、
少なくとも北イスラエル王国の立場も鑑みて考えてみなければなるまい

勝者(特に何かに勝ったとも言い難いが、後世まで残ったという意味で)による歴史を鵜呑みにする前に、
北イスラエル王国が「神に見捨てられた」わけではないと考えられる要素をもういくつか挙げてみたい。

(※)2019年9月の記事移設に際し、改題しました。

エローヒーム信仰と「エホバ」の起源古代イスラエル(3) 北王国のエローヒーム信仰と「エホバ」の起源前のページ

古代イスラエル(5) 南北イスラエル王国の「正統」考察(前編)次のページイスラエルの「正統」考察(1)

関連記事

  1. アブラハム

    古代ユダヤから読み解くエホバの証人

    旧約聖書創世記の神話(5) アブラハム

    カナンを手に入れる布石としてのアブラハムバベルの塔の後に出…

  2. ノアの箱舟

    古代ユダヤから読み解くエホバの証人

    旧約聖書創世記の神話(3) ノアの箱舟

    大洪水は全くの無意味だったノアの箱舟の話と言えば、創世記の…

  3. 出エジプトの史実性に関する研究

    古代ユダヤから読み解くエホバの証人

    旧約聖書出エジプト記(5) 出エジプトの史実性に関する研究

    「出エジプト」も全て神話だった可能性が高いさて、ここまで4…

  4. 統一イスラエル王国時代とその分裂

    古代ユダヤから読み解くエホバの証人

    古代イスラエル(2) 統一イスラエル王国時代とその分裂

    短かったイスラエルの最盛期ようやく周辺の異民族を排除し、…

  5. エジプトからカナンへ(1) 歴史の真実

    古代ユダヤから読み解くエホバの証人

    旧約聖書出エジプト記(2) 荒野放浪とエリコ陥落の史実

    どう考えても無理のある荒野放浪さて、神の力か自然の悪戯か、…

  6. アダムとイブ(エバ)

    古代ユダヤから読み解くエホバの証人

    旧約聖書創世記の神話(1) アダムとイブ(エバ)

    ※このカテゴリーはシリーズ記事になっています。目次をご覧ください。…

Recently

  1. 日本人と宗教、およびエホバの証人
  2. 元エホバの証人コミュニティの罠まとめ(1) 現状認識
  3. ものみの塔の民事責任考察 離婚裁判例
  4. プロテスタントの誕生
  5. 南ユダ王国によって編まれた歴史書

Pick Up

  1. エホバの証人元2世vs.元1世 -対立構造の根底-
  2. 旧約聖書出エジプト記(5) 出エジプトの史実性に関する研究
  3. エホバの証人が世の音楽で歌い踊る理由とは
  4. 元エホバの証人コミュニティの罠まとめ(1) 現状認識
  5. 1世紀の原始キリスト教・クリスチャン会衆の現実
PAGE TOP